2019-09-06

マイセン・インドの花多彩色・451110 ポット・シュガー・クリーマーサイズ:ポット高さ12cm/シュガー高さ8cm/クリーマー高さ9cm
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

柿右衛門写し
  オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花309310と名づけました。
3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。
しかし この多彩色を考案したアールヌーボー期には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。
初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。
何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。
シノワズリ ジャポネズリを確立したヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。
 

より柿右衛門に忠実(余白の美)に描いておりますのに シノワズリ分類です。縁取り番号の新しさからみても柿右衛門と分かっていたのに ジャポネズリにしておりません。
  おまけに 柿右衛門と判っていた同じアールヌーボー期のこの作品に 352110とシノワズリ番号に戻っております。和名も御所車花模様と 誰が見てもジャポネズリ(柿右衛門)であるのにです。

アウグスト強襲王や ヘロルトが 柿右衛門描く処のこの絵を 東洋風散花文シノワズリに分類してたのを 柿右衛門も東洋だと強弁したいのでしょうか?
しかし 無理があるのは ジャポネズリの分類があります。ただ日本の文献や インターネットを見ても 総てと言ってもいいほど シノワズリになっております。ひどいのは 華と 花の混用が散見され プロとして 興ざめです。

ピカピカの 新品です。現品 即納

マイセン 人気のシノワズリ  (ジャポネズリ 柿右衛門写し)
ヘロルトは ウィーン・パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料や ベトガーの いがみ合う2人の高弟 ケーラーと シュテルツェルが合成した顔料に 自らも開発した顔料
〔1723.4.30.秘密主義のケーラーは亡くなるのですが ヘロルトは 看病にかこつけて うまく臨終に立ち会い 彼の隠し金庫の鍵を盗み 顔料調合秘術書を 盗み写し 重要個所は 巧妙に破り盗り(この悪行は 15年後に発覚するのですが すでに 宮廷画家として確固たる地位を 確立しており マイセン委員会でも手出しならず 不問に付されました)自ら開発したマッフル窯で 柿右衛門に勝るとも劣らない 鮮やかな色彩の顔料16色を完成。〕
を以って 彼独特のシノワズリを 確立していきました。
ヘロルトのシノワズリは 欧州にて 高い評価を受け 果てには 本家中国にまで 影響を及ぼすほどでした。時につれ ペインターたちは 多くの バリエーションを 生み出し 王達を楽しませました。
他窯でも たくさん写され ヨーロッパ中に 大流行しました。第1次世界大戦末期 1918年に ザクセン王国は 瓦解するのですが 国立窯となっても この人気作品は 1730年ごろ以来 約3世紀 折あるごとに 作り続けられ 復刻というより 「偉大なマンネリズム」 の代表作の1つとなっております。

3人の天才ヨハン-5

1人目はヨハン・フリードリヒ・ベトガー(欧州磁器の父)
錬金術師にて ヨーロッパに 東洋の白磁を もたらした天才です。
2人目は ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト,天才絵付師です。
  3人目は ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー,天才造形師です。

3人の偉業により マイセンは ヨーロッパ諸窯に そして世界に 多大の影響を 与えてき ました。創窯300年のマイセンは 偉大なマンネリズムを標榜し 3人の残した業績を 踏 襲し続けてきました。

伝統を受け継ぐ一方で 創作美術集団クンストラー・コレクティヴを 1960年に立ち上げまし た。新グロッサー・アウシュニット型に ハインツ・ヴェルナー絵付けによる「アラビアンナイト1001夜」や「ブルーオーキッド」等のヒット作が ここから生まれました。

1975年には 更に若い世代によるクンストラー・コレクティヴが立ち上げられ ヴェレンシュ ピール型「波の戯れ」や「青い花」を 生み出しております。

時の流れは 変われども
(バロック,ロココ,ユーゲント・シュティル,ネオクラシック,エンパイア,ビーダーマイイヤ,ア ールヌーボー,アーツ&クラフツ,アールデコ) マイセンに対する 尊敬と その高い地位は  変わることが ありませんでした。
栄えあるマイセンに 3人は 今もなお 生き続けているのです。

18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立した 此の世のものとは思えぬほど 美しいパテ・シュール・パテ技法を 1873年ウィーン博覧会で目の当たりにした ハインツェ博士は 大いなる刺激を受け 永い研鑽の末 1878年にマイセンも会得。 
これは 当時 セーヴルの後塵を 拝し出していた マイセンにとって 一大事件でもありました。
余談ですが パテ・シュール・パテ技法をセーブル時代のルイ・ソロンの創作と思っておられる方がプロ?でも殆どなので その間違いを手短に説明します。
殆どの業者さんが 仏ブルボン王朝の放蕩王ルイ15世が 寵姫ポンパドール夫人の美の追求に湯水のごとく大枚をつぎ込み 美の権化と詠われたセーヴルの名声にあやかり あたかもセーヴル在籍のルイ・ソロンがパテ・シュール・パテ技法を創作したかに箔付けをして高価を詠います。
実際は セーブル窯パテ・シュール・パテ妖精図蓋付飾壺をご覧になればお判りのように 元祖 中国泥彩とほとんど変わりません。マイセン・翠の月 パテ・シュール・パテをご覧になればお判りのように 発展開花は20世紀になってからです。
セーヴルに追い抜かれた恐怖からとはいえ マイセンのハインツェ博士でも セーヴルを過大視されたほどですから 無知な業者にあっては 無理からぬ思い込みかもしれません。
洋食器愛好家には 高価を詠う宣伝にまやかされず 美術品を正しく理解・鑑賞してもらうために 中傷誹謗の恐れを 敢えて言わせてもらいます。 
染付 粉彩 雑彩 剔花 泥彩画etc.まだまだ 中国は実に懐深い。

セーブルがパテ・シュール・パテ技法を創作といったかどうかは知りませんが マイセンのハインツェ博士も  セーブルの創作と思って 後塵を拝している決定的一大事件と思い 約10年間の研究の末 セーヴルに追いついたとマイセンあげて喜びました。

ミントンは 大陸の王立窯 特にフランスのセーヴルから 工芸家を招聘して 腕に磨きをかけておりました。
工場内では 英語に引けを取らないぐらいフランス語が飛び交っておりました。
1871年 ルイ・ソロン(18世紀、中国人により編み出された泥彩画技法が 1850年頃、ヨーロッパに伝わり 1860年代にマリク・ルイ・ソロンによってセーヴルでも確立したパテ・シュール・パテ技法)を招聘して 美しいパテ・シュール・パテ技法を マイセンに先駆けて 自家薬籠中のものにして 更に 世界の王侯貴族をうならす 貴族趣味の芸術品をものにした 「パテ・シュール・パテのミントン」の名声は セーヴルを 出し抜くほどでした。)















ピカピカの 新品です。  現品 即納

柿右衛門写し
  オランダの東インド会社によってもたらされた白磁に 絵付けされている異郷の花の絵は 多分インドの花に違いないとして 柿右衛門描くところの日本の花を インドの花309310と名づけました。
3で始まる柄番号は シノワズリの分類でした。
しかし この多彩色を考案したアールヌーボー期には 柿右衛門と判っていたらしく 柄番号451110と 4で始まるジャポネズリに分類しており 高値を呼ぶ 柿右衛門名に変更したかったのですが すでに東洋風散花文 インドの花は ブランドとして知名度高く 定着しておりましたので 名称は 継続されました。
初期の シノワズリ分類の不明を 糊塗するにも好都合でしたのでしょう。
何せ 美への眼力自慢の アウグスト強襲王の柿右衛門贔屓が 柿右衛門と見抜けなかったのですから。
シノワズリ ジャポネズリを確立したヘロルトも アウグスト強襲王とともに 同じ轍を踏んでおります。



価格
776,250円 (税込 838,350 円) 送料別
1〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便